パラリーガルと関連性の高い弁護士秘書と法律事務職員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の多くの法律事務所は、1名の弁護士と2名のスタッフからなる小規模な事務所です。このような中小規模の法律事務所では、パラリーガルと弁護士秘書、法律事務職員は明確に区別されていないことがほとんどです。

それに対し、弁護士が多数在籍する大手の法律事務所や渉外事務所では、パラリーガルの業務が他の業務と明確に区別されています。とはいえ、パラリーガルと弁護士秘書、法律事務は関連性の高い職種です。そこで、これらの職種の具体的な仕事内容とその違いを見ていきましょう。

弁護士秘書とは

弁護士秘書は一般企業の秘書と同じです。弁護士の秘書として、弁護士がスムーズに業務を進められるよう、スケジュールの管理や調整、出張の手配、電話や来客の対応などを行います。そのほか、旅費の精算、文書の作成、ファイリングから、事務所の清掃まで、法律事務所によって弁護士秘書の担当する業務は多岐に渡ります。

パラリーガルとは

パラリーガルと法律事務職員は、広義ではほぼ同じものです。法律事務所に勤務して事務業務を行うという意味では、弁護士秘書を含みパラリーガルと総称されることもあります。しかし、狭義では、パラリーガルは非常に専門性の高い職種です。

法律知識をベースに、事件に関する資料の収集や事実調査、法令や過去の判例の調査、裁判所に提出する書類の作成、契約書の翻訳などを行います。紛争解決のために弁護士をサポートしますが、弁護士のスケジュール管理などの弁護士秘書としての業務は、厳密にはパラリーガルの仕事ではありません。

求められるスキル

パラリーガルと弁護士秘書では求められるスキルも違います。法律事務所によっては弁護士秘書に法律知識を一切求めていないところも多く、それよりもコミュニケーション能力や気遣いなどが重視されることが多いです。特に、対外的な折衝の多い秘書ですから、パラリーガルよりも高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。

一般事務と一緒にされることもあるパラリーガルですが、法律事務所によって求められるスキルは異なるものの、法律知識と法律事務手続きに関する知識はある程度求められるでしょう。渉外事務所などではかなり高い語学力も求められます。

パラリーガルになるために

パラリーガルも弁護士秘書も法律事務職員も、日本では実際、それほど厳密に区別されていません。法律事務所に入社すると、まず一般事務や秘書業務を覚え、徐々に専門的なパラリーガルの業務に入っていくのが一般的な流れです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加