資格不要のパラリーガル、弁護士秘書からパラリーガルを目指す道も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラリーガルになるための特別な資格はありません。弁護士は国家試験に合格しなければなれませんが、パラリーガルは特に資格がなくても法律事務所に勤務することでなれます。法律事務所の規模が大きくなるほど、その運営は弁護士だけでなくパラリーガルが支えているのです。また、弁護士や司法書士、行政書士などの資格取得を目指す下準備としてパラリーガルを選ぶ人も増えています。

採用基準は厳しくなりつつある

以前は、誰でも未経験からパラリーガルになれると言われていましたが、ここ数年で採用基準は変わりつつあるようです。ほとんどの法律事務所が、実務経験がある、もしくは、それと同等の知識を備えた人を採用したがる傾向にあります。

パラリーガルのための民間資格や検定

ただ、実務経験がないからといってあきらめる必要はありません。パラリーガルのための民間の資格もいくつかできています。実務経験ゼロで法律の知識もない状態からパラリーガルを目指すなら、民間資格の取得を目指して勉強するのも良い方法です。

パラリーガルとしての能力を認定する資格はいくつかあります。日本リーガルアシスタント協会ではパラリーガル認定資格講座を主催しており、パラリーガルとしての必要な素養や知識を総合的に身につけられるようになっています。

また、日本弁護士連合会では法律事務職員能力認定試験を開催しており、職務経験者のみを対象としているものの、これに合格することでパラリーガルとしての一定の能力を証明できます。なお、パラリーガル対象の資格ではありませんが、ビジネス実務法務検定試験やビジネスコンプライアンス検定などを取得することで、採用選考で有利になる可能性も考えられるでしょう。

たとえ実務経験なしで応募できるパラリーガルの求人があったとしても、実際に採用されて法律事務所に勤務するようになると、ワードやエクセルなど基本的なPCスキルは必須です。スキルのない人は、MOSを取得しておくと多少有利に働くでしょう。

弁護士秘書からパラリーガルを目指す

なお、パラリーガルとよく似た仕事に弁護士秘書があります。弁護士秘書とは、弁護士のスケジュールの管理や来客・電話応対、書類の提出・受領など、専門業務以外で弁護士をサポートする仕事です。弁護士が自らすべての専門業務を行う中小規模の事務所では弁護士秘書の方が求められます。

ただ、弁護士秘書として経験を積むうちに、徐々に専門的な業務も任されるようになり、次第にパラリーガルに近づくこともよくあることです。パラリーガルの募集がないのであれば、弁護士秘書として法律事務所に入社するのも一つの方法でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加