法律事務所によって大きく異なるパラリーガルの1日の過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラリーガルの業務内容は勤務する法律事務所によって大きく異なります。一般的には、朝の9時から夕方17時か18時までが定時であり、勤務日は平日の月曜から金曜まで週5日の週休二日制というところが多いです。ここでは、一般的なパラリーガルの1日の過ごし方を簡単に紹介します。

パラリーガルの典型的な1日の流れ

朝出社してまずすることは、メールのチェックやスケジュールの確認です。それが終わると、弁護士とのミーティングで案件の進行状況などについて確認します。10時頃からは来客が始まるため、それに備えて資料や議事録を用意するのもパラリーガルの仕事です。その合間にも弁護士の指示に従って必要な業務を進めます。

12時から13時までがお昼休憩ですが、その間にも事務所に電話がかかってくることもあるため、昼食は事務所で取るか、外に出る場合は他のスタッフと交代になります。

午後からも、午前中と同じく弁護士の指示のもと業務を進めます。書類の提出などで裁判所や弁護士会法務局などに出向くこともあります。また、弁護士の指示に基づいて書類を作成したり書類のチェックを行うことも重要な業務です。誤字や脱字、表現に至るまで誤りのないよう詳細にチェックしなければなりません。担当する案件のほか、必要に応じて他の作業も同時に進めることもあります。

忙しくなければ定時に退社です。退社する前に翌日のスケジュールを確認しておき、提出する書類がある場合は最終チェックを行います。

実際は法律事務所の規模や専門によって大きく異なる

以上、一般的なパラリーガルの1日の流れを見てきました。ただし、冒頭にも触れたように、実際の業務内容や進め方は勤務する法律事務所によって大きく異なります。

大規模な法律事務所であれば、パラリーガル業務と一般事務、秘書業務がきっちり分業化されていることもあるでしょう。しかし、大多数を占める中小規模の法律事務所では、一人がさまざまな業務を兼ねる必要があるため、法律文書の作成や調査といったパラリーガルの専門的な業務にばかり集中できるわけではありません。

また、法律事務所の専門分野によっても大きく異なります。離婚専門や交通事故専門など、特定の分野に特化した法律事務所では業務内容が限られますが、あらゆる法律問題を扱う事務所では一つの業務にじっくり集中できることは少ないです。さまざまな業務を並行して進められる能力が求められますし、多忙な時期には残業を余儀なくされることもあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加